追加融資獲得でもなお残るシャープの懸念

「3600億円の融資は、銀行にとって非常に重い決断。しかし、すでに巨額の融資を実施している主力2行がここで”引く”という選択肢はなかった」とある金融機関の関係者は打ち明ける。シャープが金融機関に提示した実抜計画には、8月に発表された「経営改善対策」に具体的な数字のメドなどが付け加えられたものの、方向性は大きく変わっていない。「銀行が今下期の営業黒字化が困難と判断した時点で、シャープは追加の再建策の提示を迫られる可能性がある」(同)。

実抜計画の概要や、実抜計画を提出をしてなおシャープが抱える課題の詳細は、『週刊東洋経済』10月6日号(10月1日発売)で報じる。

(前野 裕香、撮影:ヒラオカスタジオ=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。