日本株は底値圏に接近、下値は限られてきた

本格的な戻りには「円安・原油高」が必要だ

17日の産油国会合に先立って8日に開かれた中南米の産油国会合。具体的な方向には踏み込まなかった(ロイター/アフロ)

振り返れば、4月のドル円は転換点となってきた。1949年は連合国軍総司令部(GHQ)によってドル円が360円の単一為替レートとなり、1995年には日本の貿易黒字を背景に一時79円台まで円高が加速していた。2013年は日銀異次元緩和が100円近くまで円安に拍車をかけた。

過度な円高と株安はいったん一服しそう

揺れていた為替市場が落ち着いてきた。円高による輸出企業の収益鈍化懸念が投資家心理を冷やし、4月上旬の日経平均株価は「アベノミクス相場」で初の7日続落となった。ただし、下げが始まった3月29日は権利落ち日に当たり、配当分を考慮すると実質プラスといえ6日続落に割り引ける。

麻生財務相から「為替相場について急激な変化を最も望まない」、菅官房長官から「為替市場の動向に緊張感を持って注視し、場合によっては必要な措置を取ることにしたい」との口先介入もあり、目先は行き過ぎた円高にいったん歯止めがかかった。

過去3年の長期チャートからみると、2015年6月の125円台をピークに三尊型天井を形成している。そのサポートラインとなる115~116円を2016年初めに下回り、ドル安・円高の流れに勢いがついた。しかし、ピークからサポートラインの値幅(9~10円)を差し引いたターゲットは105~106円。ここから過度な円高の流れが続くのは限定的とみられ、場合によっては円安反転のきっかけをうかがうこともありそうだ。

日銀短観(3月調査)における大企業製造業の2016年度の想定為替レートは117円半ば。輸出関連企業の業績下振れ懸念等から、すでに日本株は年初から2割前後下落している。足元の日本株にも円高抵抗力を感じる底堅さをみせつつある。

カリブ海の小国から流出した文書が大国のトップを揺らしている。そもそもタックスヘイブンとは、国際的にみて税率が著しく低い国や地域を指す。違法の脱税でも合法の節税でもないため「租税回避地」という。今回、秘匿にされるはずの税務情報が漏れた。そのなかには各国首脳やその親族の名が連なっており、今後は政治的な波乱要因につながることも想定される。

次ページ原油高には減産合意が不可欠
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT