タイ政府、「パナマ文書」掲載の16人を調査

検証が終わるまで個人名は公表せず

 4月8日、タイ政府の資金洗浄対策室は、「パナマ文書」に名前が掲載されている16人について、調査を進めていることを明らかにした。写真は文書流出スキャンダル渦中のモサック・フォンセンカ法律事務所のウェブサイト。4日撮影(2016年 ロイター/Reinhard Krause)

[バンコク 8日 ロイター] - タイ政府の資金洗浄対策室は8日、租税回避地に関する内部資料「パナマ文書」に名前が掲載されている16人について、調査を進めていることを明らかにした。

現職の政治家、元政治家、著名な実業家が含まれているという。

同室によると、調査は初期段階で、これまでのところ不正は見つかっていない。

タイ政府はパナマの資金洗浄対策当局に協力を求めており、流出した情報の検証が終わるまで個人名は公表しないとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT