タイ政府、「パナマ文書」掲載の16人を調査

検証が終わるまで個人名は公表せず

 4月8日、タイ政府の資金洗浄対策室は、「パナマ文書」に名前が掲載されている16人について、調査を進めていることを明らかにした。写真は文書流出スキャンダル渦中のモサック・フォンセンカ法律事務所のウェブサイト。4日撮影(2016年 ロイター/Reinhard Krause)

[バンコク 8日 ロイター] - タイ政府の資金洗浄対策室は8日、租税回避地に関する内部資料「パナマ文書」に名前が掲載されている16人について、調査を進めていることを明らかにした。

現職の政治家、元政治家、著名な実業家が含まれているという。

同室によると、調査は初期段階で、これまでのところ不正は見つかっていない。

タイ政府はパナマの資金洗浄対策当局に協力を求めており、流出した情報の検証が終わるまで個人名は公表しないとしている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT