介護サポートウエアを発売、消防車のモリタがなぜ

従来のコルセットは、腰を常時固定するため動きづらく、筋力低下を招くおそれがあった。今回投入するサポートウエアは前屈姿勢時のみ弾性材の張力が働くので、日常動作を妨げない。初年度3万着、5年後に10万着の販売を目指す。税込価格は2万4150円。

9月19日に都内で開かれた発表会で、モリタホールディングスの中島正博社長は「成熟市場の日本で業績を伸ばすために、介護分野を含めた新商品開発に取り組んでいきたい」と意気込みを語った。モリタは消防車を幹に、新分野の開拓で成長持続を狙う。

(長谷川 愛 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。