若者のクルマ離れに危機感、自工会が「お台場学園祭」

豊田章男・日本自動車工業会会長(トヨタ自動車社長)は9月20日、10月に行うクルマイベント「お台場学園祭」の詳細を発表した。自動車業界では2年に1度、東京モーターショーを開催しているが、それがない年にもイベントを継続することで、自動車への関心を高めたい考えだ。

「国内空洞化を食い止める最大の手段は、国内市場の活性化。若者のクルマ離れが指摘される中で、メーカーのほうから若者に近づく取り組みが必要になる」(豊田会長)。同イベントは10月6日~14日、土日祝を中心に開催され、学生や子どもがメインターゲット。国内自動車メーカー8社の若手メンバーを中心に、企画には学生も参加した。

自動車メーカー首脳と就職活動を控えた学生とのトークセッションや、新型車試乗会、プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の同乗体験など「体験型」のイベントが中心。また、ミスキャンパス候補によるファッションショーやドッグランなども開催し、直接クルマに関心のない若者の集客も狙う。自工会は期間中、30万人の来場を見込む。

「私も右脳で考えるタイプ。若者を中心に思い切ってやってほしい」(豊田会長)。一過性ではなく、継続的な取り組みとする姿勢が求められそうだ。

(並木 厚憲 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT