小麦粉による体の不調、理由は単純ではない

グルテンを悪者扱いするのは早計だ

小麦は本当にそこまで有害なのか(写真:olinchuk/PIXTA)

「世界の人々はグルテンの真実を知ろうとしない」。米ニューヨーク州のフリービルにあるコーネル大学の研究農場で、大学院生リサ・キシング・クーセクは冗談交じりに言うと、自らが発見した「真実」を語ってくれた。

その研究結果がついに広く知られるようになる。「グルテンに関するガイドライン」が、定期刊行物「食品科学と食品安全の包括的レビュー」に掲載されたからだ。同ガイドのために、キシング・クーセクと共同研究者たちは200以上の科学研究論文を精査し、小麦の種類と加工法が人体にどう影響するのか調査した。

グルテンだけに注目すべきじゃない

その結論は控えめなもので、「小麦は食べるな」的な宣告とは程遠かった。

キシング・クーセクはまず、グルテンとそれに関連する病理学を調べた。「グルテンだけに注目すると沢山のことを見逃してしまう。だから実際に何が起きているのかを知るために、私は小麦全体に注意を払った」と彼女は言う。

確かに彼女の調査はグルテンより広い範囲をカバーしており、ガイドには、小麦が引き起こす問題や、小麦の種類によってその問題がどのように異なるか、そして加工方法が及ぼす影響などが盛り込まれた。セリアック病から、小麦アレルギーや、非セリアック性小麦過敏症、そして果糖吸収不全症や過敏性腸症候群に至るまであらゆることを検証しているのである。

この研究は、コーネル大学が行っているほかの研究とも連携。共同研究機関は、小麦の在来種を調査するため2011年に米農務省から助成金を受け、フィールド実験や実験室での解析、製パン試験を2016年まで続けた。

論文には、小麦の胚と小麦の遺伝学について綿密な記述が含まれている。ガイドには盛りだくさんの情報が詰まっているが、キシング・クーセクはそれを解りやすいビデオで解説している。

次ページ一部の人が反応するFODMAPSって何?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。