赤字国債法案通らず予算抑制の緊急事態

 実際、同日に交付税は支給されず、同県では減額支給の有無や国の説明を見極めたうえで、資金不足分は指定金融機関である地元の山梨中央銀行から「淡々と一時借り入れでしのいでいく」(横内知事)方針だ。

横内知事は「特例公債は予算と一体のものであり、本来であれば予算が成立したらできるだけ早く特例公債法案も成立させることが、国会のルールであるべき。それが近年は、特例公債法案が政局の材料として使われるようになっている」と厳しく指摘する。国民不在の政治はいつまで続くのだろうか。

(週刊東洋経済2012年9月15日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。