赤字国債法案通らず予算抑制の緊急事態

拡大
縮小

 実際、同日に交付税は支給されず、同県では減額支給の有無や国の説明を見極めたうえで、資金不足分は指定金融機関である地元の山梨中央銀行から「淡々と一時借り入れでしのいでいく」(横内知事)方針だ。

横内知事は「特例公債は予算と一体のものであり、本来であれば予算が成立したらできるだけ早く特例公債法案も成立させることが、国会のルールであるべき。それが近年は、特例公債法案が政局の材料として使われるようになっている」と厳しく指摘する。国民不在の政治はいつまで続くのだろうか。

(週刊東洋経済2012年9月15日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT