赤字国債法案通らず予算抑制の緊急事態

赤字国債法案通らず予算抑制の緊急事態

来るべき総選挙後の主導権争いをにらみ、予算や政策をめぐる与野党間の駆け引きが激しさを増している。

国民生活に大きな影響を与えかねないのが、赤字国債発行の法的根拠となる特例公債法案の扱いだ。与野党対立のあおりを受け、9月8日に会期末を迎える今国会中に同法案が成立しそうになく、今年度中に発行が計画されていた赤字国債約38兆円分が宙に浮いている。

政府は今年度、総額で約174兆円分の国債を発行する予定だ。このうち、市場で金融機関や投資家などに売る利付国債が120兆円分あり、その一部が新たな借金となる赤字国債約38兆円分だ。一方、残り約80兆円分は過去に発行した国債償還のための借換債などが対象で、こちらは通常どおり発行される予定だ。

120兆円分という巨額の国債は一度に発行されるのではなく、投資家などが買いやすいように、4月から毎月10兆円ずつ、東日本大震災の復興予算のための復興債や財投債、借換債などを組み合わせて、一定ペースで発行している。

しかし、特例公債法案38兆円分の審議がストップしているため、このまま成立しなければ、国債発行がまったくできない「空白」が生じてしまう見込みだ。

この問題は今後、国債市場にも影響を与える可能性を否定できない。今のところ、金利に大きな変動はなく、投資家の間では「10月半ばには法案は成立するのではないか」との見方が少なくない。だが、特例国債法案の成立がずれ込めばずれ込むほど、空白時期の発行分を取り返す必要性に迫られる。国債発行が10兆円を大きく超える月が出るため、市場が消化しきれず金利が乱高下しかねない。 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。