新幹線開業初日、「変わる北海道」の姿を見た

「道民の悲願」達成も、将来像はまだ見えず

画像を拡大
木古内駅前の道の駅で、接客に追われる浅見さん

木古内駅の真向かいに建つ「道の駅 みそぎの郷 きこない」は、店内が歩きづらいほど混雑していた。特に、いさりび鉄道の記念グッズ売り場には長い列ができていた。主役は新幹線だけではない。食や文化など地域情報発信を狙う特別仕様車「ながまれ号」(「ながまれ」は道南や東北の方言で「くつろげ」「ゆっくりしろ」という意味)にちなんだグッズが人気を集めていた。

以前、取材させていただいた観光コンシェルジュの浅見尚資さんは、観光客の対応に追われていた。同じくもう一人のコンシェルジュ、津山睦さんはテレビカメラに向き合っていた。ほとんど言葉を交わす余裕がなかったが、元気に活動している姿にほっとした。間もなく始まったイベントのあいさつで、大森町長は1月13日のオープン以降、道の駅の利用者が6万人を超えたと強調していた(注:開業翌日の27日、7万人を超えたことが公表された)。

在来線は無人駅に…

ただ、在来線の木古内駅を訪れ、小さなショックを覚えた。新幹線と接続するこの駅が、無人駅になるとは思わなかった。

画像を拡大
いさりび鉄道の1両編成列車は大混雑に見舞われた

そして10時13分発の函館行き列車。1両編成でワンマンの気動車は、発車が迫るにつれ、新幹線から乗り継いだ人や地元の人であふれかえった。だが、それを整理する車掌がいない。

函館へ近づくたび、すし詰めの車内へさらに人が乗り込もうと試みる。その都度、心ある乗客が「お願いですから、もっと奥に詰めて」「まだホームに残っている人はいますか?」と誘導を試み、何とか事なきを得た。

狭くなった車両で、もみくちゃにされ、皆に気遣われた後、五稜郭駅で席を譲られた高齢の女性がいた。北斗市に住んでいるという。「94歳になるんだけど、こんな日に年寄りが出てこない方がよかったのかねぇ。そういえば、昔はバスも汽車もこれぐらい混んだよねぇ」。苦笑しながらも、本人は屈託がない。

彼女と握手して分かれたが、約1年前、やはり1両だけの気動車に詰め込まれて苦痛を語っていた、北陸新幹線の並行在来線「えちごトキめき鉄道・ひすいライン」の乗客の高校生を思い出した。この混雑は、開業シーズン限りの特需かもしれないが、しわ寄せの多くは若者や高齢者に向かう。

1時間ほどの乗車でたどりついた函館駅前では、突き抜けるような青空の下、文字通りお祭り騒ぎが繰り広げられていた。改札口で「函館へようこそ」と大合唱する観光関係者や旅館の女将さん、開業記念に、LEDを組み込んだ「光る号外」を配る地元新聞社員、きっぷやパンフレットを求めてごった返す人々――。北陸新幹線開業時によく見かけた、「ちょっと、金沢まで。」のロゴが入った法被を着た女性や、富山名物「ブラックラーメン」の屋台も。さすがに驚いて周囲を見ると、「つながるニッポン祭り」というイベントの会場に足を踏み入れていた。

次ページ喜びとともに課題も多く
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT