最新!売れ筋「ビジネス・経済書」ランキング

1位は「トヨタの強さの秘密」

(写真:Choreograph / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス書、経済書は何か。3月20~26日のアマゾンの売れ筋ランキングをみていこう。

トヨタはトヨタ生産方式で儲けているわけではない

1位は3月16日発売の『トヨタの強さの秘密』。これまでの"トヨタ本"は、かんばん方式に代表される工場経営の効率性と独創性に的を絞ったものが多かった。しかし、本書では、「トヨタはトヨタ生産方式で儲けているわけではない」と説く。では、なぜ儲けているのかといえば、非常にシンプル。「世界の人が『買いたくなる』クルマを設計しているから」だ。

例えは、アップルとの比較に及ぶ。アップルの製品がカリフォルニア州のクパチーノ本社で開発した設計情報をもとに中国などの委託工場で作られているように、トヨタの自動車は「三河」で設計された情報をもとに世界中のトヨタ工場で作られているのだという。そこにこそ、本当の強みがあることを丁寧に説明している。

2位は『1日36万円のかばん持ち――三流が一流に変わる40の心得』。武蔵野社長の小山昇氏は、3日で108万円という社長研修を実施している。この研修プログラムは、小山氏の「かばん持ち」をしながら3日間で経営のエッセンスを現場で学ぶというもの。1日36万円という高額な研修費にもかかわらず、多くの社長が列をなしており、70人が1年待ちの状況だという。本書では、その人気研修で何が行われているのか、全貌を公開している。

次ページ以降、200位までのランキングを掲載する。本を選ぶ上での参考にしてほしい。

次ページ1~50位はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT