『弁護士、闘う』を書いた宇都宮健児氏(弁護士)に聞く


--弁護士の使命は弱者の味方になることと。

もともと弁護士法の第1条に「基本的人権の擁護と社会正義の実現」が弁護士の使命として書かれている。かみ砕いていえば、力を持っている人、裕福な人たちは自分で権利を守ることができる人が多い。権利を守れない人は社会的弱者や経済的弱者たちであり、弁護士は、その弱者の味方をしなければいけない。

弁護士になって金儲けを考えるとしたら、それはまっとうではない。もしカネを儲けようと思うなら、それこそホリエモンみたいに起業すればいい。もし弁護士志望者がより豊かな生活を求めて弁護士になろうというのなら、それは「ふてえ考え方」だ。ほかの道を目指せとアドバイスしたい。

--自らは本来の弁護士でありたいと。

いろいろな誘惑があったが、「サラ弁」であり続けたことはよかった。もちろんまだ残りの人生はあるが。いろいろな人がいろいろなルートを通じて会いたいと言ってくる。大学の同期で大蔵省に入った者もいるし。弁護士の中にも企業の顧問をやっている人がいる。彼らがどこどこの社長がぜひ会いたいと言っている、と仲介しようとする。

またメガバンクが顧問になってもらいたいと言ってきたこともある。メガバンクといったって金貸し。こちらは借りているほうの相談を受けている立場。とても顧問などになれるわけがない。

--貧困の問題でも市民運動が必要とも。

選挙で1票を投票するだけでは駄目だ。貧困や格差の問題をつねに政治、社会に突き付けていく市民運動がないと力不足だ。政治家に対してつねに実態を告発し、必要があれば制度の改革や立法を促す市民運動がもっと活発にならないといけない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT