ゆめタウン、佐賀「最大旗艦店」に託す新構想

開店から10年、初めての増床で目指すもの

土地区画整理事業の核店舗として開店し、10年。初めての増床で目指すものは?

今年秋に増床する佐賀市兵庫北のショッピングモール「ゆめタウン佐賀」の工事が始まった。運営するイズミ(広島市)が「旗艦店」と位置付ける大型商業施設で、完成後は同社店舗で売り場面積、店舗数ともに最大となる。土地区画整理事業の核店舗として開店し、12月で10年。初めての増床で業種の幅も広げ、福岡都市圏を含む広域からの集客アップを狙う。

ゆめタウン佐賀の増床イメージ図。店舗南西の駐車場部分に新棟を建て、専門店約50店が入る

「アンカーテナント(核店舗)に選んでいただいてから地域とともに付加価値を生みだし、人口も増えてきた。拡大するニーズを満たす必要があった」。12日に現地で開いた起工式で、イズミの山西泰明社長は増床の理由を語った。

増床部は鉄骨3階建て(3階と屋上は駐車場)で、売り場面積約9千平方メートル。「3世代で楽しめる」をコンセプトに大型雑貨やインテリア、ベビー用品など約50の専門店が入る。

増床後は現店舗と合わせて5万8千平方メートル、207店舗に拡大し、同社既存店で最大のゆめタウン廿日市(広島県)を上回る規模になる。十字型のクロスモールが特徴の現店舗も改修。施設内を円状に回る構造にし、直営の食品売り場も地元産品を増やす。

周辺には住宅や飲食店、結婚式場、高校もできた!

当記事は佐賀新聞LIVEの提供記事です

投資額は約47億円。従業員は新たに約500人増やし、全体で約2300人となる。山西社長は「佐賀は独立した地域というより、福岡を含む広域の商圏と捉えている。魅力を高めるほど、佐賀以外の人にも来てもらえる」と誘客に自信を見せた。

ゆめタウン佐賀は2006年12月、四つの核店舗とテナントを結んだゆめタウン初のモール型店舗としてオープン。周辺には住宅や飲食店、公園、結婚式場などができ、佐賀清和中学・高校も移転新築した。

山西社長は2006年以降、同様の区画整理事業で進出した廿日市市などの例を挙げ、「人口減対策で各地が進めるコンパクトシティーのモデルとなり、自社のブランド力向上に貢献した」と、県内進出の効果を説明。オープン後の売上高の推移は「リーマンショックなど環境変化もあったが、ほぼ順調にきた」と振り返った。

佐賀新聞LIVEの関連記事
起業受講生、お試し出店 ゆめタウン佐賀
佐賀県内スーパー セルフレジ導入加速
2015年、県内大型店販売額3.1%増
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。