ジェネリック薬品の性急な拡大は新薬開発に重大な影響も



 価格の問題もある。後発品は認可初期には先発薬の約7割に設定されるが、その後、2年に一度の薬価改訂と競合により平均的には5割程度に下がる。古い薬品だと1~2割程度の価格になるものもある。だが、海外には1割程度の価格になるものもあり、相対的に国内のジェネリック薬には割高感がある。

価格低下促進も

新薬の研究開発費は1点当たり数百億円といわれるが、認可されない案件もありさらに膨大な費用がかかる。認可されてからの20年間で回収すればよいとはいえ、特許権は特許出願日から発生するので、認可までの期間は収益につながらず、正味20年あるわけではない。

海外と比較して認可まで2倍近くかかる超長期案件もあり、「日本のドラッグ・ラグ」は悪名を馳せている。ここ数年で、期間短縮の仕組み導入が図られてはいるが、実効はさほど上がっていない。そのうえ薬価改訂もあり、先発メリットはかなり制限されている。

一方、ジェネリックの場合は、すでに実績があり、市場性もある医薬品を選択でき、製剤設計や安全性試験程度ですむので、研究開発費用は1品目1億円程度にすぎない。それにもかかわらず営業利益率は、新薬メーカーの20%前後に比べ、大手3社で13%強と一見低い水準にとどまっている。

多品種少量生産のためラインの切り替えが頻繁で効率が悪いという問題はある。それにこれまで海外の大手ジェネリックメーカーが日本進出を躊躇してきた理由の一つ、品質への要求水準が高すぎることもあろう。

だが、最大の理由は、厚労相の指針に従って生産能力の増強を図っているために設備投資が以前の数倍にかさみ、償却負担が増大していることだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT