信用されない人は「1秒」の想像力が足りない ANA社員が段取りに力を入れるワケ

印刷
A
A

ANAのパイロットたちは、コックピットの計器が絵で描かれた紙のシミュレーター、通称「紙レーター」というポスターを部屋の壁に貼るなどして、本番のフライトのイメージをもつようにしています。

「台本」が気づかいする余裕を生む

用意周到な準備は、気づかいをする余裕を生みます。機長の猿棒は「自分はパイロットの中でも極端なほうなのかもしれませんが」と前置きしつつ、「機長昇格を目指すときに、出発前の確認などの台本ノートを作って、それを暗記して、翌日に臨むようにしていました」と話します。

その台本ノートには、次のようなことが書かれています。

〈出発前の確認〉
コース名「U6-88」の猿棒正芳と申します。OJTを開始して1カ月になります。よろしくお願いします。ただいまより出発前の確認を行います。(貼りだされている天気図を指さし)本日の天気概況ですが、秋雨前線が九州北部に停滞しており、今後この前線は北上するものと考えております。前線にともなう乱気流の発生により、揺れが予想されます。(パソコンの画面の前に移動、画面のヘッダーを確認)本日のフライトは、同じ機体で3便が組まれております……。

 

このように台本ノートに、自分の発するセリフ、自分の行動などを、具体的かつ詳細に書き、それを音読する。そして、翌日の「本番」で同じことを実施する、という状態をつくりあげておくのです。

これは、どんな仕事でも応用できる方法です。たとえば、人前であいさつをするとき、イベントなどで司会をするときはもちろん、少人数のチームミーティングなど、決められた時間の中で何かを伝えなければならないときは、事前に文章にして、どの順番で話すか「台本」を作っておく。箇条書きやメモではなく台本にしておくことで、ヌケ・モレを防ぐことが可能になります。

こうしてイメージトレーニングをしたり、「台本」を準備しておくことで、心や時間に余裕が生まれ、まわりの人や環境が見えるようになります。そうした状況をつくることによって、自然と気づかいをする余裕も生まれるのです。

『仕事も人間関係もうまくいく ANAの気づかい』書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

イメージトレーニングや「台本」は、一見面倒な準備に見えるかもしれません。しかし、実は 「新人や業務に慣れない人、テキパキ仕事が進まないと悩んでいる人にこそ、効果がある」と猿棒は言います。

どんなに小さなことであっても、その場で考えて決断を下すというのは、意外なほど時間のかかるもの。「えーと……」と停滞している 30秒や1分の時間が積み重なっていくと、本番でのタイムロスになります。

本番の仕事はたいてい自分一人でなく、相手や仲間がいるものですから、タイムロスの影響も大きくなります。事前にセリフや行動など具体的なイメージをしておくことは、タイムロスを防ぐことにもつながるのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
ANAとJAL、燃油サーチャージ「空前の高値」の苦悩
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT