あの人がうつ病から抜け出せない最大の理由

「復帰に対する焦り」とどう付き合うか

うつ病の治療において焦りが禁物なのは間違いない。だからといって単純に焦りを禁止するのも正しくない。「焦ってはいけない」と言われると人は余計に焦るものだ。結果、症状が軽減せずうつ病が長期化するケースは少なくない。

うつ病の治療において、この「焦りの偽解決」は要注意だ。本人も周囲もあえて焦りを許すことで、自然と無用な焦りは消えていく。まるで「とんち」のように聞こえるかもしれない。しかし、これが人間の心の動きなのだ。

「うつ病」との付き合い方を考える

では、なぜ患者も家族も回復に対して過剰に焦るのか?筆者は、「うつ病」という定義がそれに影響していると分析している。「病気=異常な状態」という認識が、回復に対する渇望感を助長する。

自分がうつ病だと知った患者は、決まってこれら2つの質問をすることが多い。まず「本当に治るのかどうか」という質問。もう一つが「いつ治るのか」という質問である。病気という言葉は必然的に、正常な状態に戻る可能性を期待させる。その結果、「完治」に対して焦りの気持ちが生まれてしまうのだ。

しかし、うつ病の治療では完治ではなく、「寛解」という概念を使う。寛解とは、病状が落ち着き、日常生活に問題がない状態にまで回復したことを指す。がんの治療でよく使われる言葉だ。つまりうつ病の治療は、「病気の消失」がゴールではないのだ。

驚くべきことに、うつ病治療では「完治を目指してはいけない」。支障なく日常生活を送ることができる寛解を目指すのが正しい治療である。「正常な状態に戻ろう」という過剰な焦りは何の利益もないことになる。

喘息やアトピー性皮膚炎など、アレルギーの治療をイメージすると分かりやすい。筆者は、もともとひどいアトピーだった。アトピーを治そうと必死だった両親の下を離れて一人暮らしを始めて数日で、治療に対するストレスや焦りが軽減し、アレルギー症状が治まった経験がある。うつ病の治療においても、正常な状態に戻るよりも、日常生活でうまく付き合う方法を考えるべきである。

「病気なのに治さない」という考えは、多少抵抗があるかもしれない。ただ、うつ病は「心のありよう」が症状に影響する病気である。うつ病をどう認識するか?によって回復の過程も変わる。完治を目指して治そうと焦るのを止め、寛解を目指して付き合い方を考える。無用なストレスや焦りが軽減し、症状が改善する可能性は十分にある。復帰に対して焦りを感じるなら、治ることから目を離してみてはどうだろうか?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。