想定外の出費&収入減を甘くみると危険です

2年程度の生活費をキープしておけば安心

いちばん怖いのは病気です。何しろ、病気は治療にいくらかかるかわかりませんし、ガンの場合だと、治療した後もいろいろおカネが必要になるからです。

治療に必要な金額はいくら?

たとえば胃ガンに罹ったとしましょう。ステージはⅡ期です。この治療に必要な金額は、いくらになるでしょうか。「がん治療費.com」というサイトを用いて試算してみました。

すると、「定型手術+再発予防薬物療法」で1年目にかかる治療費は、手術が128万1318円、その後の検査や術後薬物が合計99万3550円で、総額が227万4868円になります。

もちろん、その全額を自己負担するのではなく、高額療養費制度を用いることによって、負担額をある程度軽減させることができます。たとえば、年収350万円以上770万円未満で、70歳未満の被保険者の自己負担限度額は、次の計算式で求められます。

8万0100円+(10割相当医療費-26万7000円)×1%

これを前出の胃ガンに罹った方の治療費で計算すると、1カ月目は手術にかかった128万1318円を対象にして高額療養費を適用しますから、
8万0100円+(128万1318円-26万7000円)×1%=9万0243円
となります。

ただ、2カ月目以降は検査や術後薬物のみですから、高額療養費の対象にならないケースもあります。たとえば、2カ月目に掛る治療費が15万円だとすると、

8万0100円+(15万円-26万7000円)×1%=7万8930円

通常の健康保険で3割負担だと、

15万円×30%=4万5000円

つまり自己負担は、高額療養費の上限より少ないので、この制度は使いません。

次ページ治療費と収入減のダブルパンチ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。