プリズン・トリック 遠藤武文著

プリズン・トリック 遠藤武文著

何より殺人の舞台といきさつが異色である。

交通刑務所という特異な空間、それも密室で受刑者が殺され、犯人が逃亡し、犯人と死んだ受刑者がどうやら入れ替わっているらしいとわかってくる導入部には引き込まれる。その後も交通事故の被害者や加害者、その家族、刑務官、刑事、保険会社社員、政治家などが交錯し、時に入れ替わり、話は二転三転、よほど注意して読まないと混乱しかねない。

交通刑務所の内情と交通事故の加害・被害をモチーフとした構想とトリックはよく練られている。ただし登場人物が多彩すぎて枝葉の人物にまで冗舌な心理描写があったり、主人公と思った人物がそうではなくなったり、もう少し刈り込んでもよかった。中盤から終盤へと瑕疵が若干目につくのも惜しまれる。

とはいえ、社会性を保ちつつ本格推理に挑戦した意欲は高く評価されてよい。今年度江戸川乱歩賞受賞作で、二重処罰を禁じた憲法39条が重要な伏線になっている。(純)

講談社 1680円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT