コロムビアミュージックエンタテインメント取締役名誉相談役・廣瀬禎彦(Part3)--孫さんは、当時から負債さえも大事な資産だと思っていたのかもしれません


--ゲームといえば「ドリームキャスト」の話は避けて通れません。敗因は何だったのでしょう。

ゲームビジネスを考えたとき、ハードウエアの性能だけを見ていたらダメなんです。ニンテンドーでさえ「ニンテンドー64」はダメになりました。ファミコンの時代からDSのいまに至るまで、売れるゲームは性能的には“ちんけな”マシーンなんですよ(笑)。

セガもハードにこだわらず、ニンテンドーを追いかけているときは良かったんです。ところが、グラフィックスを売りにした「プレイステーション」が出てきて脚光を浴びました。「ドリームキャスト」も絵柄を意識してハードにこだわったのですが、3DCGの部分でコストが高くなり、採算がとれなくなってしまったんです。3DCGのエンジンが速くなればなるほど、画像を作る描写作業が増えます。ゲームソフトの値段は決まっていますので、開発費が上がると本数が売れても利益が出ません。

さらに、高性能ゆえに生産性を維持するためのサポートソフトも必要になりますが、本体を作るのに一生懸命なので、サポートソフトができるまでタイムラグが出てしまいました。

一方、ニンテンドーは一昔前のテクノロジーでモノを作っていて、ゲームは絵柄でなくファンタジーだという発想でやっています。制作コストが少なくサポートソフトもいらないので、本数が売れれば利益が出やすいんですよ。ハードにこだわらず、サービス全体を見ているゲームは成功します。

(写真:鈴木紳平)

ひろせ・さだひこ
 1969年慶應義塾大学工学部を卒業、日本アイ・ビー・エムに入社。凄腕営業マンとして数々の受注を獲得し、宣伝部長、事業部長を歴任し、アスキー常務取締役に転身。同社専務から、さらにセガ代表取締役副社長、アットホーム代表取締役社長に就任しネット業界を牽引。2004年1月には、コロムビアミュージックエンタテインメント代表執行役兼最高経営責任者(CEO)に就任。09年5月に同社取締役名誉相談役に就任。

■CEOへの道は、エグゼクティブ向けの人材会社・リクルートエグゼクティブエージェント主催のセミナー「Road to CEO」との連動企画です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT