「空気」と「世間」 鴻上尚史著

「空気」と「世間」 鴻上尚史著

「場の空気を読む」「あいつは空気が読めない」などという時に使われる「空気」。この言葉は「世間体が悪い」「世間に申し訳ない」などと言う時に使う「世間」がカジュアル化したものだと人気演出家である著者は分析する。

そこには、空気が読めず、世間を騒がせる奴は社会から退場しろという暗黙のメッセージが含まれる。こうした息苦しい状況が、いじめや無差別殺人、果ては戦争(戦艦大和の特攻的出撃はその場の空気で決まったというエピソードまである)にまで発展しうるという。だから、その場の空気には誰も逆らえない。

日本人を縛るこの悪しき「空気」と「世間」の正体を突き止め、そこからどうやって脱出するのかを論じる。

講談社現代新書 777円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。