日本の殺人 河合幹雄著

日本の殺人 河合幹雄著

定義の仕方にもよるが、日本で1年間に起こる殺人事件の数は約800件。その中で、小説や映画で描かれるような凶悪犯はごく少数だというのが、本書の見解である。

“殺人鬼”のようなイメージは、マスコミがつくりあげている部分がかなり大きい。そして、凶悪な事件ほどニュースバリューがあるため、大きく報道される。こうしたことから、この国の治安が悪化したと簡単に結論付けることにも異議を唱えている。

法社会学者の著者は、数々の事件を詳細に検証しながら犯罪者の実像に迫る。また、警察の捜査から、取り調べの実態、量刑と刑務所での生活、受刑者の出所後、死刑問題、さらに裁判員制度についても広い視点から検討する。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT