日本の殺人 河合幹雄著

日本の殺人 河合幹雄著

定義の仕方にもよるが、日本で1年間に起こる殺人事件の数は約800件。その中で、小説や映画で描かれるような凶悪犯はごく少数だというのが、本書の見解である。

“殺人鬼”のようなイメージは、マスコミがつくりあげている部分がかなり大きい。そして、凶悪な事件ほどニュースバリューがあるため、大きく報道される。こうしたことから、この国の治安が悪化したと簡単に結論付けることにも異議を唱えている。

法社会学者の著者は、数々の事件を詳細に検証しながら犯罪者の実像に迫る。また、警察の捜査から、取り調べの実態、量刑と刑務所での生活、受刑者の出所後、死刑問題、さらに裁判員制度についても広い視点から検討する。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。