日本の殺人 河合幹雄著

日本の殺人 河合幹雄著

定義の仕方にもよるが、日本で1年間に起こる殺人事件の数は約800件。その中で、小説や映画で描かれるような凶悪犯はごく少数だというのが、本書の見解である。

“殺人鬼”のようなイメージは、マスコミがつくりあげている部分がかなり大きい。そして、凶悪な事件ほどニュースバリューがあるため、大きく報道される。こうしたことから、この国の治安が悪化したと簡単に結論付けることにも異議を唱えている。

法社会学者の著者は、数々の事件を詳細に検証しながら犯罪者の実像に迫る。また、警察の捜査から、取り調べの実態、量刑と刑務所での生活、受刑者の出所後、死刑問題、さらに裁判員制度についても広い視点から検討する。

ちくま新書 819円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。