アフリカ V・マハジャン著/松本裕訳

アフリカ V・マハジャン著/松本裕訳

昨年、アメリカのブッシュ前大統領は、アフリカへの五つの投資ファンドを立ち上げた際、「アフリカの最も貴重な資源は、石油でもなくダイヤモンドでもなく、アフリカの人々の才能と独創性なのだ」と謳い上げた。同じ結論に至った著者が、専門のマーケティングの視点から、起業家やビジネスリーダーの「志と行動」を通して、アフリカの新たな消費市場としての姿を浮き彫りにする。

コカ・コーラ、タタ、P&G、ノバルティス、LG電子など続々と進出する国際企業や投資ファンド。急接近する中国、インドを筆頭に各国政府。それに呼応して、金融、通信、メディアから衣食住に至るまで手がける起業家たちの動きが重なる。それが同大陸を劇的に変えつつあるという。

社会的、政治的には数々の難題があるにもかかわらず、経済活動の「現場」を歩く著者の論述は「中国とインドと同規模の大きな機会がある」として楽観主義にみちている。

英治出版 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。