アフリカ V・マハジャン著/松本裕訳

アフリカ V・マハジャン著/松本裕訳

昨年、アメリカのブッシュ前大統領は、アフリカへの五つの投資ファンドを立ち上げた際、「アフリカの最も貴重な資源は、石油でもなくダイヤモンドでもなく、アフリカの人々の才能と独創性なのだ」と謳い上げた。同じ結論に至った著者が、専門のマーケティングの視点から、起業家やビジネスリーダーの「志と行動」を通して、アフリカの新たな消費市場としての姿を浮き彫りにする。

コカ・コーラ、タタ、P&G、ノバルティス、LG電子など続々と進出する国際企業や投資ファンド。急接近する中国、インドを筆頭に各国政府。それに呼応して、金融、通信、メディアから衣食住に至るまで手がける起業家たちの動きが重なる。それが同大陸を劇的に変えつつあるという。

社会的、政治的には数々の難題があるにもかかわらず、経済活動の「現場」を歩く著者の論述は「中国とインドと同規模の大きな機会がある」として楽観主義にみちている。

英治出版 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。