ハンス・ヴェストベリ エリクソン次期CEO--ソニーと合弁する携帯電話は厳しいが、利益を出せるようにしたい

ハンス・ヴェストベリ エリクソン次期CEO--ソニーと合弁する携帯電話は厳しいが、利益を出せるようにしたい

--CEOへの任命は驚きだった?

もちろん。でも、世界で最も大きい通信インフラ会社のCEOになることは、僕にとっても非常に大きなこと。数週間前に取締役会から「(CEOに)興味があるか」と打診されて「もちろん興味がある」と答えた。

--世界各地に赴任した経験があるようだが、日本で仕事をしたことは。

日本に住んで仕事をしたりしたことはないが、過去何度も出張で訪れている。顧客やパートナーもいるので、僕にとってはなじみの深い国だ。

--日本でのビジネスはエリクソンの収益に貢献している?

日本でも利益を出すためにビジネスをやっている。現状、携帯電話市場は厳しいが、日本でのビジネスについてはハッピーだ。

--ソニー・エリクソンの携帯端末事業は現在、とても厳しい状況にある。

もともと、ハンドセット事業で苦戦をしていたエリクソンとソニーという2社が一緒になったことを忘れてはいけない。一緒になったことで非常にすばらしい相乗効果が生まれ、これまでも多くの利益を出してきた。ソニーとは互いに支え合っている。今は厳しいが、これからも2社で協力して、何が何でもまた利益を出せるようにしたい。

--(ソニー・エリクソンの)持ち株売却に関するうわさもあるが。

うわさはうわさ。僕にとっては(ソニーは)非常に大事。今でも同社の経営と経営陣をサポートすることに力を注いでいる。うわさはあまり気にしていない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT