世界は分けてもわからない 福岡伸一著

世界は分けてもわからない 福岡伸一著

たとえば、脳が死ぬことを人の死と定義する「脳死」。しかし、生物学的にいえば、脳が死んでも末梢の臓器は生きている。さらに、いくつかの臓器が死んでも、個々の細胞はなお生きながらえる。

しかし人は、本来連続している死を脳死として分断してしまった。さらには、人の誕生にも境界線を引く。脳死が人の死なら、脳が機能を開始する「脳始」が人の誕生だと定義する。

前者は臓器移植を可能にし、後者は受精卵を再生医療に利用しようとする。生命はこのように、両端から切り詰められている。分子生物学者である著者は、こうして最先端の科学技術が次々と生命の時間を分断することの危うさを感じている。

講談社現代新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。