世界は分けてもわからない 福岡伸一著

世界は分けてもわからない 福岡伸一著

たとえば、脳が死ぬことを人の死と定義する「脳死」。しかし、生物学的にいえば、脳が死んでも末梢の臓器は生きている。さらに、いくつかの臓器が死んでも、個々の細胞はなお生きながらえる。

しかし人は、本来連続している死を脳死として分断してしまった。さらには、人の誕生にも境界線を引く。脳死が人の死なら、脳が機能を開始する「脳始」が人の誕生だと定義する。

前者は臓器移植を可能にし、後者は受精卵を再生医療に利用しようとする。生命はこのように、両端から切り詰められている。分子生物学者である著者は、こうして最先端の科学技術が次々と生命の時間を分断することの危うさを感じている。

講談社現代新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。