世界は分けてもわからない 福岡伸一著

世界は分けてもわからない 福岡伸一著

たとえば、脳が死ぬことを人の死と定義する「脳死」。しかし、生物学的にいえば、脳が死んでも末梢の臓器は生きている。さらに、いくつかの臓器が死んでも、個々の細胞はなお生きながらえる。

しかし人は、本来連続している死を脳死として分断してしまった。さらには、人の誕生にも境界線を引く。脳死が人の死なら、脳が機能を開始する「脳始」が人の誕生だと定義する。

前者は臓器移植を可能にし、後者は受精卵を再生医療に利用しようとする。生命はこのように、両端から切り詰められている。分子生物学者である著者は、こうして最先端の科学技術が次々と生命の時間を分断することの危うさを感じている。

講談社現代新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT