世界は分けてもわからない 福岡伸一著

世界は分けてもわからない 福岡伸一著

たとえば、脳が死ぬことを人の死と定義する「脳死」。しかし、生物学的にいえば、脳が死んでも末梢の臓器は生きている。さらに、いくつかの臓器が死んでも、個々の細胞はなお生きながらえる。

しかし人は、本来連続している死を脳死として分断してしまった。さらには、人の誕生にも境界線を引く。脳死が人の死なら、脳が機能を開始する「脳始」が人の誕生だと定義する。

前者は臓器移植を可能にし、後者は受精卵を再生医療に利用しようとする。生命はこのように、両端から切り詰められている。分子生物学者である著者は、こうして最先端の科学技術が次々と生命の時間を分断することの危うさを感じている。

講談社現代新書 819円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。