日産「リーフ」はカッコよければヒットしたか

先進的な日本車が「無理しがち」なデザイン

これまでの日産車と大きく違うという印象が薄い

リーフのフロントフードを開けると、その眺めはガソリンエンジン車のようだ。モーターとインバーターを積み重ねた上に、エンジンを思わせるカバーが装着されている。まったく新しいクルマとしてリーフをアピールしたいのか、既存のクルマに似せたかったのか、ここだけ見ても判断に迷う。

似たような傾向は、2014年末に史上初の燃料電池市販車として登場したトヨタ「MIRAI(ミライ)」にも見られる。新開発プラットフォームを用いた4代目の新型プリウスとは対照的に、ミライはガソリン車のプラットフォームをベースとしている。そのためかリーフと同じ前輪駆動であり、モーターはフロントに置かれ、残りの場所に燃料電池スタック、2本の水素タンク、バッテリーなどを配置している。

その結果、ミライのパッケージングは前後が長く、キャビン(乗員室)の背が高い、既存の多くのセダンとは異なるものとなった。これをベースに、フロント左右に空気を取り入れるための大きなインテーク(開口部)を備え、ボディサイドは水の流れをイメージするようにラインを入れた。

「制作の苦労が伝わるデザイン」は是か

トヨタ「MIRAI」のデザインは確かに斬新ではあるが・・・

どちらも既存の内燃機関自動車のパッケージングを基本としたために、独特のプロポーションになった。そこに次世代エネルギー自動車であることを強調すべく、凝った造形を盛り込んだ。2台ともに、それをまとめるまでには相当の苦労があったことが伺えるが、制作の苦労が伝わるデザインが、果たして素晴らしいものなのかという思いは抱く。

同じEVでもテスラ「モデルS」は、まったく異なるアプローチでデザインされている。

そもそもテスラ自身、完全自社開発の自動車はこれが初めてだ。ゆえにプラットフォームは他車との関連がない、完全な新開発だった。床下全面に電池を敷き詰め、モーターは後車軸の位置に置かれる。4WDはプロペラシャフトを持たず、前車軸にもうひとつモーターを追加して対処している。

テスラ「モデルS」は特にEVを強調したデザインにはなっていない

しかしプロポーションは流麗で、ガソリン車と見紛うほどまとまっている。EVであることを強調する造形もない。車内に入れば、フラットなフロア、インパネ中央の巨大なディスプレイ、前後に用意された荷室などで、独特の構造が理解できる。しかしモーターや電池は床下に積んでおり、それを見せるための仕掛けはない。

既存の内燃機関自動車をベースとしたEVでも、テスラに似たデザインの考え方を持つクルマはある。日産とアライアンスを組み、日産同様EVに積極的に取り組むルノーの「ゾエ」だ。

次ページルノー「ゾエ」はEVを意識していない?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。