中国の異民族支配 横山宏章著

中国の異民族支配 横山宏章著

中国は漢民族と多くの「少数民族」から構成される多民族国家であり、民族紛争は一貫して国内問題(国内矛盾)だと説明している。元朝も清朝も同じ「中華民族」の王朝支配であり、漢民族が支配することは決して主権の侵害ではない、という解釈に立つ。チベット民族やウイグル民族といった異民族による、漢民族に対する自立運動を分裂主義者の策動ととらえる。「大一統」的な団結が強調されるときに使われる概念は、「大家庭」「国族」あるいは「中華民族」という実体のない創られた理念である。

清朝という異民族支配を漢民族が打倒した辛亥革命で、「中華民国」は誕生した。その研究者が、現代中国の「アキレス腱」の根源を探る。

集英社新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。