中国の異民族支配 横山宏章著

中国の異民族支配 横山宏章著

中国は漢民族と多くの「少数民族」から構成される多民族国家であり、民族紛争は一貫して国内問題(国内矛盾)だと説明している。元朝も清朝も同じ「中華民族」の王朝支配であり、漢民族が支配することは決して主権の侵害ではない、という解釈に立つ。チベット民族やウイグル民族といった異民族による、漢民族に対する自立運動を分裂主義者の策動ととらえる。「大一統」的な団結が強調されるときに使われる概念は、「大家庭」「国族」あるいは「中華民族」という実体のない創られた理念である。

清朝という異民族支配を漢民族が打倒した辛亥革命で、「中華民国」は誕生した。その研究者が、現代中国の「アキレス腱」の根源を探る。

集英社新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。