今こそ知りたい消費税 林信吾、葛岡智恭著

今こそ知りたい消費税 林信吾、葛岡智恭著

導入されて20年がたち、消費税はすっかり定着した。消費税導入時の竹下内閣は新たな税制の施行に当たって政策目標として、財政再建、社会保障の充実と同時に企業活動に配慮した税制改革を掲げた。日本は租税国家であり、国民の納める税金以外に収入はないに等しい。赤字国債の発行、つまり国の借金はそのまま国民の借金になるだけに社会保障費、すなわち福祉の水準を保ちつつ国家財政を立て直すためには、増税論議は避けて通れない。ただし、消費税率を引き上げたとしても、それがきちんと福祉の財源に回される保証もまたない。

フリージャーナリストの著者は、目指す社会の実現に税金をどう活用していくか、「税制選挙」を提唱する。

NHK出版生活人新書 693円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT