今こそ知りたい消費税 林信吾、葛岡智恭著

今こそ知りたい消費税 林信吾、葛岡智恭著

導入されて20年がたち、消費税はすっかり定着した。消費税導入時の竹下内閣は新たな税制の施行に当たって政策目標として、財政再建、社会保障の充実と同時に企業活動に配慮した税制改革を掲げた。日本は租税国家であり、国民の納める税金以外に収入はないに等しい。赤字国債の発行、つまり国の借金はそのまま国民の借金になるだけに社会保障費、すなわち福祉の水準を保ちつつ国家財政を立て直すためには、増税論議は避けて通れない。ただし、消費税率を引き上げたとしても、それがきちんと福祉の財源に回される保証もまたない。

フリージャーナリストの著者は、目指す社会の実現に税金をどう活用していくか、「税制選挙」を提唱する。

NHK出版生活人新書 693円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。