『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』を書いた小宮一慶氏(小宮コンサルタンツ代表)に聞く


--前著とは文体が違います。

正直言うと、バージョンアップの前の版は、初版4000部刷ってまだ増刷したと聞いていない。その本について、編集者からこう言われたことがある。「小宮さんは、話は面白いけど、本は実は面白くない」と。その一言が僕を変えた。それから読みやすさを学んだ。それが「○○力養成講座」シリーズの第1作、『発見力養成講座』の17万部への大変身に結びついたと思っている。

--長いくだけたタイトルの『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』も、内容は「原理原則」に立ち戻ることを勧めています。

出版社がトレンドを先読みして提案してきた。人生の本を書いてくださいと。来たのはリーマンショックの前だった。実はこのとき、もう一社、同じく人生の本を提案してきたところがあった。ちょっと時間がかかっているが、『私を変えた50の名言』(仮題)といったタイトルで結実するはずだ。

僕も当時、これから必要になるのは、「指針と夢」だと言っていたので、すぐに取り組んだ。

ただし、『あたりまえの~』の場合は、いままで付き合ってきた出版社とはプロモーションに対する力の入れ方が違う。本を売るというより、育てようとする。いままだ7万部だが、プロモーションで20万部までいかせると言っていた。

本の専門のプロモーション会社を使うにしても、おカネのかけ方がすごく違う感じがする。すでに全国紙に広告を10回以上出している。さらに1週間かけて北から南まで全地方紙に広告を出した。この本だけでなく、3冊を主力商品に育て上げようと同時掲載している。売れる芽があったら、プロモーションいかんで売れ行きはだいぶ違う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。