「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略 山本直人著

「買う気」の法則 広告崩壊時代のマーケティング戦略 山本直人著

モノが行き渡っている日本では、景気後退期には不要不急のモノは売れない。「なくては困る」状態なら消費者は「買う気」にならざるを得ないが「どうしようかな~」というときにはひと押し、つまり「買う理由」が必要になるとプランナーの著者は指摘する。

CMだけで数千万円の家を買う人もいなければ、1本140円のお茶を買うのにネットで調べる人もまたいない。ネットの台頭でマス広告の効果が疑問視される現代において問題になるのは「ネットかマスか」ではなく消費者がどんなときに「情報検索」を深めるかであると、商品の価格帯や価値によって異なる消費者の行動や心理を分析し、新しいマーケティングモデルを提唱する。

アスキー新書 780円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。