自殺する種子 アグロバイオ企業が食を支配する 安田節子著

自殺する種子 アグロバイオ企業が食を支配する 安田節子著

アグロバイオ企業は特許や企業買収などによって着々と種子を囲い込み、世界的に支配力を強めている。究極の支配技術として開発されたのが自殺種子技術だ。この技術を種子に施せば、その種子から育つ作物に結実する第二世代は自殺してしまう。農家は毎年種子を買わざるをえない。

すでに栽培作物の多くで一代雑種(ハイブリッド)の種子が使われ、一代限りでしか優良な性質は出てこず、農家は毎年種子の購入を余儀なくされているが、それをさらに進んだ形にした技術だ。

「大量の工業製品を購入しなければ生産できない農業」に警鐘を鳴らし、脱グローバリズム・脱石油の農業を唱える有機農業運動家が食の現状を解剖し、未来を展望する。

平凡社新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。