保活の「早生まれ損」は残念ながら本当だった

明暗分ける生まれ月、都市部では超狭き門に

しかし保活は意外な展開でピリオドを打つことに。認可園“落選”の通知を受けたあと、ダメ元で待機状態の認証保育園に電話をかけた。すると「ずーっと待ってもらっていたからOKです!」と明るく言われ、あっさり入園が決まった。出産前に申し込んだ園に救われたのだ。月額約7万円と保育料は想定を上回るが背に腹は代えられない。

やっと心が晴れた2月の終わり。気づけば職場復帰まで1カ月となっていた。1年以上続いた保活をこう振り返った。「妊娠前は生まれ月がこんなに保活の明暗を分けるとは思ってもみなかったです。でも妊娠中から保活していてよかった。第二子を目指す時が来たら、早生まれは避けたいと思います」。

お受験には「ほぼ関係なし」

保活においては圧倒的に不利な早生まれ。保活の先に待ち受けている“お受験”への影響はないのだろうかと懸念するママも多い。そこで小学受験などに詳しい幼児教育の専門家に話を聞いた。

「受験に関していうと、早生まれは配慮されていてテストの時間を分けたり、合格ラインを変えたりしています。早生まれに配慮しない学校はあまりありません」と「幼児さんすう総合研究所」(渋谷区)を営む大迫ちあきさんは説明する。

有名私立校は特にその傾向が顕著で、人気の高い慶應義塾横浜初等部などは「試験は、生年月日順にグループに分けて行います。生まれ月による有利・不利はありません」とホームページ上で公表している。

「今の有名私立校が求めていることは早期教育ではなく、もう少し原点的なところ」という。人の話を聞いて協力できるか、考える力があるかといった点が重視される。「早生まれの子が気を付けたいのは、わからないところを質問できるかといったことくらい。それは普段の親子関係で身に付きますので、早生まれの子のお母さんたちは心配なさらないで」と大迫さんは話す。

早生まれに対し、配慮のない保活と温かい配慮が行き届いたお受験。対象がママか子どもかで異なるが、両極端とも言える対応だ。認可保育園を司る行政が見直すべき点もあるだろう。子どもは授かりもの。保活のためのバースコントロールは本来、あるべきではない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT