『脱「ひとり勝ち」文明論』を書いた清水浩氏(電気自動車開発者、慶應義塾大学環境情報学部教授)に聞く


 電気自動車はいままでのようにエンジンルームにモーターを置く必要はない。車輪の中にモーターを置けばいい。フレーム構造の中に電池を入れてしまえばいい。大きな車輪を四つ着けるのではなくて、小さな車輪を八つ着けたほうが効率性は高い。ただ8輪がベストかどうかはまだわからない。

新しく開発された技術を使うと、乗り心地、加速感、車内の広さとも、ガソリン自動車を超すものになるし、形も変わってよい。では値段はどうかとなると、大量に作れば十分安くなる。電気自動車は部品の点数が少なくて構造が簡単だからだ。

--なぜ量産化に踏み切れないのでしょうか。

試作品ができたらすぐ製品化するのかというと、信頼性、耐久性、安全性が製品としては確実に要求される。そのためには大きなおカネをかけて、開発を続けなければいけない。さらに製品化したら大量生産にすぐ踏み切れるかと言えば、どうしても初めは値段が高い、あるいは競合製品がある。そういう条件に打ち勝って大量生産にいくことになる。

--自動車メーカーの電気自動車と何が違うのですか。

自動車メーカーの電気自動車はガソリン自動車のボディを改造して作ったもの。私も1台目は改造車。簡単に作れるから。だが、エンジン自動車は、モーターと電池を載せるのに都合がよいわけではない。

--メーカーがいっしょにやろうと言わないのでしょうか。

既存の技術、構造をそう変えたくないということだ。全面的に電気自動車になれば産業構造が大きく変わる。それに対して抵抗感がある。大事なことは過去の技術の変遷では、新しい技術に変わるとマーケットが圧倒的に大きくなることだ。原理的にはうまくいっているのだから、早く置き換えるほうがいい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。