通信業界の値下げ消耗戦は最終局面、主戦場は新端末開発に移行

3月、NTTドコモと富士通がソフトバンクモバイルと東芝に対し、販売差し止めの仮処分申請を行った。ソフトバンクモバイルの新製品「かんたん携帯」(東芝製)が、中高年向け携帯として人気を誇る「らくらくホン」(富士通製)にあまりに似すぎているというのが、ドコモ陣営の言い分だ。ニッチ分野でも、端末競争の激しさが増している。

今や契約数1億台を突破し、右肩上がりの時代に終わりを告げた携帯業界。全体のパイが増えない以上、各社の成長余地は、1契約当たり月間収入(ARPU)の拡大か、他社からの顧客奪取によるシェア拡大しか残されていない。その際、一段と重要性を増しているのが、端末競争である。

振り返ってみると、2007年の主役はソフトバンクだった。いち早く端末の割賦販売を導入し、ホワイトシリーズによる低料金化などによって新規顧客を獲得した同社は、07年5月以降、純増シェア首位を走っている。08年に入ってからも、最大の書き入れ時である春商戦に向けて、学生対象の大幅な割引キャンペーンを発表し、業界に激震が走った。ソフトバンク躍進の主因が、低価格化であるのは間違いない。

2月、KDDI(au)とドコモが相次ぎ「家族間通話無料」を打ち出したのも、「ホワイト家族24」で先行するソフトバンクに追随するものだ。これによる収入減影響額はKDDI250億円、NTTドコモ800億円。ドコモはiモードの値上げがあるので一部相殺されるとはいえ、2社合計で1000億円強の減収になる。小野寺正KDDI社長は「他社との競争に勝っていくためには、価格競争も一部やらざるをえない」と認めている。

ソフトバンクに勢いを奪われたKDDIと、シェアを奪われ続けたドコモ。価格競争はいつまで続くのか。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。