「スター・ウォーズを知らない」を恥じるな

サブカルマウント先輩との正しい戦い方

中川淳一郎/1973年生まれ(42歳)。ネットニュース編集者。好きな映画は『ターミネーター2』

常見陽平(以下、常見):中川は昔から「行列に並ぶヤツはバカ」って主張しているよね。

中川:だって、ただの自己満足でしょ? 行列に並ぶヤツらはもちろん、それをツイッターやFacebookに書き込むヤツはもっとそうだと思う。

赤木智弘(以下、赤木):SNSが普及してから鬱陶しいファンが可視化されたよね。

常見:エピソード7の公開前後も40~50代のSW知識自慢大会がFacebookで繰り広げられたな。

中川:そういうマウンティングをしてくる輩がずっと嫌いなわけ。いいか、オレが観るべき映画を3つ教えてやる。まずは、トム・ハンクス主演の『ビッグ』、次は『コン・エアー』、最後は『セブン』。 そして、オレが一番好きな『ターミネーター2』だ!!

赤木:3本じゃないよ(笑)。

中川:いいんだよ細けえ事は。映画は確かにいいものです。でも、マニアがうるさい映画はクソ! これがオレの主張です。

「ガルパンを複数回観た自慢」の気持ち悪さ

常見:マニアが作品をダメにするところはあるよね。僕は「アラフォー男子よ、普通にコンテンツを楽しめよ」と言いたい。僕らの世代が、作品の間口を狭くする老害になっている。

中川:そうだな。2009年にマイケル・ジャクソンの急死を受けて、映画『THIS IS IT』が公開されたじゃん。当時、あの映画を何回も観るファンが出てきて、上映が終わった直後に毎回スタンディングオベーションをするわけ。オレがバルト9で観た時も3人ぐらいそんな客がいて、ほかの客はポカーンなの。その温度差が嫌いなんだよ。

おおた:いたねえ。

中川:観ているファンが痛すぎて、作品を嫌いになることもある。同様に、オレは阪神タイガースが大好きだが、阪神ファンは苦手なんだよ。

常見:これは友人のミュージシャンが言っていたことだけど、各々が好きにライブや作品を楽しめばいいと思うんだよね。「この曲は一緒に振り付けしないとダメ」とかって面倒くさいじゃない。ひとつの様式に合わせないと「真のファンじゃない」みたいな風潮はよくない。

赤木:最近だとアニメの劇場版に同じ傾向を感じた。『ラブライブ!』『ガールズ&パンツァー』とか。「たくさん観たヤツほど偉い」みたいになっているけど、そんなの関係ないよ。

次ページ「普通に楽しみたい客にとっては息苦しい」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。