「スター・ウォーズを知らない」を恥じるな

サブカルマウント先輩との正しい戦い方

中川淳一郎/1973年生まれ(42歳)。ネットニュース編集者。好きな映画は『ターミネーター2』

常見陽平(以下、常見):中川は昔から「行列に並ぶヤツはバカ」って主張しているよね。

中川:だって、ただの自己満足でしょ? 行列に並ぶヤツらはもちろん、それをツイッターやFacebookに書き込むヤツはもっとそうだと思う。

赤木智弘(以下、赤木):SNSが普及してから鬱陶しいファンが可視化されたよね。

常見:エピソード7の公開前後も40~50代のSW知識自慢大会がFacebookで繰り広げられたな。

中川:そういうマウンティングをしてくる輩がずっと嫌いなわけ。いいか、オレが観るべき映画を3つ教えてやる。まずは、トム・ハンクス主演の『ビッグ』、次は『コン・エアー』、最後は『セブン』。 そして、オレが一番好きな『ターミネーター2』だ!!

赤木:3本じゃないよ(笑)。

中川:いいんだよ細けえ事は。映画は確かにいいものです。でも、マニアがうるさい映画はクソ! これがオレの主張です。

「ガルパンを複数回観た自慢」の気持ち悪さ

常見:マニアが作品をダメにするところはあるよね。僕は「アラフォー男子よ、普通にコンテンツを楽しめよ」と言いたい。僕らの世代が、作品の間口を狭くする老害になっている。

中川:そうだな。2009年にマイケル・ジャクソンの急死を受けて、映画『THIS IS IT』が公開されたじゃん。当時、あの映画を何回も観るファンが出てきて、上映が終わった直後に毎回スタンディングオベーションをするわけ。オレがバルト9で観た時も3人ぐらいそんな客がいて、ほかの客はポカーンなの。その温度差が嫌いなんだよ。

おおた:いたねえ。

中川:観ているファンが痛すぎて、作品を嫌いになることもある。同様に、オレは阪神タイガースが大好きだが、阪神ファンは苦手なんだよ。

常見:これは友人のミュージシャンが言っていたことだけど、各々が好きにライブや作品を楽しめばいいと思うんだよね。「この曲は一緒に振り付けしないとダメ」とかって面倒くさいじゃない。ひとつの様式に合わせないと「真のファンじゃない」みたいな風潮はよくない。

赤木:最近だとアニメの劇場版に同じ傾向を感じた。『ラブライブ!』『ガールズ&パンツァー』とか。「たくさん観たヤツほど偉い」みたいになっているけど、そんなの関係ないよ。

次ページ「普通に楽しみたい客にとっては息苦しい」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?