中央リニア新幹線は法律上の「鉄道」なのか

超高速、大深度トンネル…鉄道の「大転換点」

2027年の開業をめざすリニア中央新幹線。「超電導磁気浮上式鉄道」と呼ばれるシステムだ(写真:ABC/PIXTA)

私が幼少のころ(約30〜40年前)、超電導磁気浮上式鉄道、いわゆるリニアモーターカーの実験線が宮崎県にあり、パソコンのマウスのような形をした物体が高速で走行していた。

しかし、鉄道や列車というよりも「理科の実験」のような感覚で、営業運転することなど夢物語のように思えていた。なにしろ東海道・山陽新幹線の最高時速は210㎞、東京から新大阪までの所要時間は3時間10分程度、列車名は「ひかり」と「こだま」だけだった時代のことである。

その超電導磁気浮上式鉄道による営業運転が中央新幹線の東京〜名古屋間でまず具体化しつつある。2027年、あとわずか11年程度で、車両が地面から浮上して超高速走行する画期的な鉄道が開業する。

この連載の過去記事はこちら

この中央新幹線をとりまく法律について、まずは全国新幹線鉄道整備法(以下「全幹法」)、大深度地下の公共的使用に関する特別措置法(以下「大深度法」)の関連で述べてみたい。

「浮上式鉄道」は鉄道だが・・・

まず前提として、超電導磁気浮上式の交通機関が鉄道といえるのかという根本的な問題がある。

画像を拡大
かつてのリニア実験車両

この点、鉄道事業法施行規則第4条第7号では「浮上式鉄道」が法律上鉄道とされているものの、これが規定された際には、「概ね時速60㎞以下の速度で走行する常電導吸引型磁気浮上式・リニアインダクションモータ推進式」の浮上式鉄道に限定されていたようである。

次ページ超電導リニアは鉄道じゃない!?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT