米国が「リニア構想」進展に傾き出したワケ

政治的対立が残る中で調査費が承認された

米リニア構想でも一躍注目される、JR東海の超電導リニア0系車両(撮影:尾形文繋)

11月8日、来日中の米オバマ政権のアンソニー・フォックス運輸長官は、石井国土交通大臣と共に山梨県内のリニア実験線に試乗した後、複数のメディアに対してインタビューに応じた。その場において同長官は、ワシントンDC~ボルチモア間に計画中の「マグレブ鉄道」つまり「JR東海の技術によるリニア新幹線」構想に関して、2780万ドル(約34億円)の調査費を連邦政府として承認したと述べた。

トップセールスの積み重ねが奏功

この「東海岸リニア構想」だが、これまでには2014年4月に安倍首相自身が、キャロライン・ケネディ大使を案内して、リニア実験線の試乗に同行するなど、文字通りのトップセールスが行われている。フォックス運輸長官の前任者である、ラフード前運輸長官も2010年5月の来日時にリニア実験線に試乗。この際にはJR東海の葛西敬之会長(当時、現名誉会長)が同乗している。

さらにボルチモアのあるメリーランド州のラリー・ホーガン知事も2015年6月に実験線に試乗して「リニアに惚れ込んだ」と言われる。こうしたトップセールスの積み重ねは、ここまで成功していると言っていいだろう。

今回の調査費承認を受けての今後だが、当面カギを握るのはフォックス長官ということになる。というのは、このプロジェクトの成否を左右する政治対立があるからだ。

次ページ鉄道は「民主党のカルチャー」
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。