米国で宇宙の「重力波」を初めて観測

アインシュタインが100年前に予言

2月11日、アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」を初めて観測することに成功したと、米大学を中心とした国際チームが発表した。写真は記者会見するLIGOの責任者(2016年 ロイター/GARY CAMERON)

[ワシントン/ケンブリッジ(米マサチューセッツ州) 11日 ロイター] - アインシュタインが100年前に存在を予言した「重力波」を初めて観測することに成功したと、米大学を中心とした国際チームが11日発表した。

重力波は重力が空間や時間を波のように揺らして伝わる現象。研究チームによると、地球から13億光年離れた、太陽の29倍と36倍の重さの2つのブラックホールがぶつかる際に発した重力波を初めて観測したという。

研究チームは昨年9月14日に初めて重力波を検知。米ルイジアナ州とワシントン州にある観測施設「LIGO」の重力波望遠鏡が用いられた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。