広告の「地産地消」を考える《それゆけ!カナモリさん》

広告の「地産地消」を考える《それゆけ!カナモリさん》

 

■5月19日 広告の「地産地消」を考える

 マスメディアの功罪とはなんだろうか。高度成長期においては、国民の消費意欲を大いに刺激し、GNP上昇に貢献した。しかし、もはや時代は変わったのではないか。活字メディアの苦戦が伝えられて久しい。テレビもほとんどの局が赤字。広告業界もしかり……。新しい動きを模索しなければならない時期に差し掛かっているのだろう。

マスメディアの“功”の一つは、全国津々浦々に一律の価値観を流布したこと。そして、消費を刺激し、経済を成長させたことが挙げられる。一方の“罪”は、狭い国土の中で暮らす日本国民を、金太郎飴的な存在にしてしまったことである。

時代は変わり、消費志向は細分化した。金太郎飴は様々な価値観を持ち、各々独自の消費性向を持つようになった。しかし、マスメディアだけが相も変わらず、一律の価値観を振りまいている。東京発の価値観を全国津々浦々に発信し続けているではないか。

ある知り合いのマーケターは、「その影響を受けていないのは、京都・沖縄ぐらいではないか」と語る。筆者はそれに、独自のテレビ番組も多い大阪ぐらいは加えていいのではないかと思うが、いずれにしても、少数派であることには同意する。

その京都で、気になる広告を目にしたのは、今年の初めだった。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT