『海岸線の歴史』を書いた松本健一氏(評論家、作家、麗澤大学教授)に聞く

『海岸線の歴史』を書いた松本健一氏(評論家、作家、麗澤大学教授)に聞く

視点によって歴史は違った様相を見せる

--海岸線の視点から書かれた歴史書はめずらしい。

世界で初めてではないか。12年前に着想した。当時『開国・維新』において、権力の変遷や政治の変化を書いたが、開港地や人口の動き、人の住まい方、さらには文化の動向はほとんど書くことができなかった。それを海岸線の変化の視点から対象も広げてまとめた。たとえば横浜は開港することで2000人の住民から大きく変化していく。

--エピソードの引用は文学や軍事史的なものまで広範囲にわたり、トロイアにも言及していますね。

11歳のときにトロイアの遺跡を発掘したシュリーマンの伝記を読み、シュリーマンのように生きたいと憧れた。そのときから考えると50年後の60歳になるかならないかに、やっとトロイアに行くことができた。長年不思議に思っていたことが氷解するという体験もした。

トロイアの遺跡は現在は5キロメートル内陸に入ったところにある。そこから海までは穀倉地帯になっている。3000年かかって湾が埋まったためだ。このように海岸線は自然現象としても変わっていく。

--「砂の文明、泥の文明、石の文明」をキーワードにした著書もあります。視点が大切ということですね。

海岸線という視点を導入すれば、日本のまた違った歴史が見えてくる。新たな視点で見れば、歴史はまた違った様相を見せる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。