ANAはハワイ線で最強のJALにどう挑むのか

超大型機「A380」2019年導入の勝算を探る

というのも、日本~ハワイ線を運航する国内外の航空会社のうち、ANAのシェア(2015年)は10%しかない。37%のトップシェアで最大のライバルであるJALに大きく水をあけられている。

東京~ホノルル線、7社がひしめく

現在の東京(羽田・成田)~ホノルル線には7社が就航している。

●現在の首都圏からのハワイ路線一覧
・JAL(羽田~ホノルル1往復、成田~ホノルル3往復)
主力機材:ボーイング777、767
・ANA(羽田~ホノルル1往復、成田~ホノルル2往復)
主力機材:ボーイング767(3月末より羽田線は787に大型化)
・ハワイアン航空(羽田~ホノルル1往復、2016年7月より成田~ホノルル1往復就航予定)
主力機材:エアバスA330
・デルタ航空(成田~ホノルル週11往復)
主力機材:ボーイング767
・ユナイテッド航空(成田~ホノルル1往復)
主力機材:ボーイング777
・チャイナエアライン(成田~ホノルル1往復)
主力機材:エアバスA330
・大韓航空(成田~ホノルル1往復)
主力機材:エアバスA330

 

人気の観光地、ハワイ・ホノルル

A380の導入後、ANAは約24%のシェアを目指す方針だが、もくろみどおりに行かなければ、超大型機のA380を持て余しかねない。はたして勝算はどこにあるのか。

近年はインバウンド(訪日旅行客)の増加もあって、日本発着の国際線は日本国内よりも海外で購入される比率が高まっている傾向にあるが、ANAによるとホノルル線における海外発券比率は、2015年4~12月で約10%。9割が日本人だ。国際線全体での海外発券比率約50%に対して、ホノルル線は圧倒的に日本人観光客に支えられている。つまり、日々の営業面や親しみなどで日系航空会社の強みを生かしやすい。

実際、ANAは昨年7月に成田-ホノルル線を増便しながらも、2015年を通したホノルル線の搭乗率は94%(2015年1~12月)と日々満席の状態が続いている。JALとのシェアの差は供給力とも直結しており、ANAが提供座席数を増やせば客層を広げられる余地がある。

次ページハワイ=JALというイメージを変えることができるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。