三越伊勢丹の苦渋、さらなる閉店を決定


 通常、破綻企業再生では家賃負担の減免などが施されるが、丸井今井の場合は自社店舗でそうした恩恵はない。また本店の耐震補強工事や改装投資負担も少なくない。前出の野村証券の正田氏は「仕入れ原価の削減余地はあるが、販管費の減額余地はあまりない」と指摘する。

さらに本店から約1キロメートル先にはライバル・大丸札幌店が構える。丸井今井が伊勢丹の高級化路線を取り入れて失敗したのに対し、03年札幌駅前に進出した大丸は道民のニーズをうまくくみ取り、手頃な価格の商品を取りそろえた。丸井今井札幌店は今年1月、売り上げ首位の座を大丸に明け渡した。そうした状況下での支援決定だけに、三越伊勢丹にとって今後経営の重しとなりかねない。

三越伊勢丹は昨年11月発表の中期計画で、富裕層が多い首都圏の店舗強化策を掲げている。具体的には伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、銀座店の三つの中枢店舗を今後増改装する方向だ。さらに11年春には大阪駅前でJR三越伊勢丹の出店も予定する。だが三越日本橋、伊勢丹新宿の「両本丸」の店舗改革に手間取るなど、激変する消費環境への対応は遅れ気味。業界盟主の苦悩は深い。

■業績・事業概要など企業データの詳細はこちら

(福井 純、松崎泰弘 撮影:今 祥雄 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。