米ヤフー、15%人員削減と事業閉鎖を発表へ

WSJが関係筋の話として報道

2月1日、米ヤフーは全従業員数の15%(約1600人)の人員削減と複数事業の閉鎖を含むコスト削減策を近く発表する可能性がある。カリフォルニア州サニーベールで2013年4月撮影(2016年 ロイター/ROBERT GALBRAITH)

[1日 ロイター] - 米ヤフー<YHOO.O>のマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は、全従業員数の15%(約1600人)の人員削減と複数の事業の閉鎖を含むコスト削減策を近く発表する可能性がある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が1日、報じた。

同紙は複数の関係筋の話として、コスト削減策は2日の第4・四半期決算発表後に明らかにされる公算が大きいとしている。どの事業が閉鎖されるかは伝えていない。

ヤフーの広報担当者は、決算発表前のためコメントできない、とした。

ヤフーに対しては、物言う株主が中核事業のスピンオフ(分離・独立)よりも売却を求めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT