米ヤフー、15%人員削減と事業閉鎖を発表へ

WSJが関係筋の話として報道

2月1日、米ヤフーは全従業員数の15%(約1600人)の人員削減と複数事業の閉鎖を含むコスト削減策を近く発表する可能性がある。カリフォルニア州サニーベールで2013年4月撮影(2016年 ロイター/ROBERT GALBRAITH)

[1日 ロイター] - 米ヤフー<YHOO.O>のマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)は、全従業員数の15%(約1600人)の人員削減と複数の事業の閉鎖を含むコスト削減策を近く発表する可能性がある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が1日、報じた。

同紙は複数の関係筋の話として、コスト削減策は2日の第4・四半期決算発表後に明らかにされる公算が大きいとしている。どの事業が閉鎖されるかは伝えていない。

ヤフーの広報担当者は、決算発表前のためコメントできない、とした。

ヤフーに対しては、物言う株主が中核事業のスピンオフ(分離・独立)よりも売却を求めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。