あおぞら銀・新生銀の統合は公的資金狙いか、問われる金融行政

拡大
縮小


 一方、今回の統合に関連して、公的資金注入が実施されるとの観測も出ている。昨年12月に改正された金融機能強化法は、銀行側の申請があれば、公的資金の検討が行われる。

しかし両銀行とも過去に莫大な公的資金を投じられた「再生銀行」という立場にある。中でも新生の場合、収益実績が経営健全化計画を大幅に下回った結果、そのペナルティ措置として、政府保有の優先株が普通株へと転換されている。現在、政府は議決権数の23%強を保有する。

厳しい状況に置かれているとはいえ、本来的には銀行が自力で民間(資本市場)からの調達を行うべき。それを棚上げし、金融危機下で金融システムの安定化を優先し公的資金注入を行う必要があるとすれば、金融システム安定化と銀行経営のモラルハザードという二律背反に苦しむ米国の状況は、もはや他人事ではないといえる。

(浪川 攻 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT