新型インフルエンザの世界的流行に冷静な対応を!

北里大学医学部衛生学公衆衛生学 和田耕治

フェーズ5、国内発生はないが……

 2009年4月30日現在、WHO(世界保健機構)は新型インフルエンザの警戒フェーズを5としている。フェーズ5とは、「かなりの数のヒト−ヒト感染があることの証拠がある」という状態である。
 我が国では昨年度に新型インフルエンザ対策を推進したおかげで、体制はある程度できていた。それが、政府の初動の迅速さと、我々が冷静さを保てていることにつながっているかもしれない。
 フェーズ5といっても国内発生は今のところ確認されていない。それゆえ、我が国の行動計画では第1段階である。この段階については内閣官房から出された行動計画に示されているため確認しておきたい。

・新型インフルエンザ対策行動計画
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/kettei/090217keikaku.pdf

(出典:新型インフルエンザ対策行動計画)<画像クリックで拡大>
 長期的にみても、国内へのウイルスの流入は避けられないであろう。我々は残念ながら影響をゼロにすることはできないが、影響を可能な限り小さくすることはできる。しかし、それは意識の高いヒトだけがやればいいことではなく、皆が一丸となって立ち向かうことが必要である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT