新型インフルエンザの世界的流行に冷静な対応を!

新型インフルエンザ対策は想定通り

 今回の新型インフルエンザは、本来は豚に感染していた豚インフルエンザから発生したものである。これがヒトに感染するようになり、ヒトからヒトに感染した事例も報告された。すでに、メキシコやアメリカ、そしてヨーロッパなどへ拡大しつつある。豚インフルエンザウイルスの詳細については様々な報道でなされているのでここでは記さないが、豚を食べたり、養豚場が近くにあったとしても関係はない。
 感染予防の対策の具体的なところは、鳥インフルエンザも豚インフルエンザも基本的なことはほとんど同じである。

不安はある。しかし、知識がある

 新型インフルエンザに対して、我々が多少の不安を感じるのは致し方ないことである。今のところ抗インフルエンザウイルス薬は効果があるというのは朗報である。残念なことに、現段階ではワクチンはない。また我々が今回の新型インフルエンザウイルスに免疫を獲得している可能性もあまり期待できない。
 しかし、我々は感染を予防する行動を知っている。
 ・不要不急の外出をしない
 ・人混みにいかない
 ・手を洗う
 ・感染者に近づかない
 こうした行動を皆が知って実行することによって、ワクチンがない状況でも感染の拡大を抑えることが期待される。

今、できることとは

 あなたとあなたの企業でできることは、たくさんある。
 まずは、あなたの企業での新型インフルエンザ対策を改めて見直してみることである。新型インフルエンザ及び鳥インフルエンザに関する関係省庁対策会議からだされている事業者・職場における新型インフルエンザ対策ガイドラインを再度読んでいただきたい。

・事業者・職場における新型インフルエンザ対策ガイドライン(P89~)
http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/guide/090217keikaku.pdf

 企業での対策のポイントは、感染予防策と事業継続計画をバランスよく実践することである。幸いなことにまだ日本では感染者がでていないが、感染予防策として重要なのは、前述したとおりである。詳細はガイドラインを参照いただきたい。
 事業継続計画では、重要業務を洗い出して、流行した場合にどの業務を続けるか、どの業務を一時的にやめるかを判断する。その上で人員の配置を確認する。
 物品の備蓄は、職場と家庭の両方を確認して、食料、石けんやアルコール手指消毒剤などは追加で購入しておくこともよいであろう。

 参考までに他の公的なサイトを紹介しておこう。
・首相官邸
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/flu/swineflu/index.html
・中小企業庁.中小企業向け新型インフルエンザ対策
http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/influenza/index.html
・WHO(英語)
http://www.who.int/csr/disease/swineflu/en/index.html

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT