新たな半導体再編劇、見えない再建シナリオ

それでも統合を検討する背景には、各親会社の苦しい台所事情が透けて見える。これまでNECは「半導体は産業のコメ。NEC本体の技術とも深い関連がある」(矢野薫社長)と半導体事業をコアと位置づけてきた。NECエレとの親子上場を批判されながらも7割の出資比率にこだわり、ファンドによる買収提案もことごとく蹴ってきた。

しかし、当のNECエレからは「社長が本当にコアと考えているか疑問」という声も聞かれる。実際、矢野社長がNECエレ本社を訪れたのは、社長就任から2年以上経過した昨年の夏だった。最近になってNECエレ本社に足を運ぶ回数が増えたが「赤字幅が拡大し、危機感を覚えたのでは」(同関係者)。

NECでも09年3月期は2900億円の最終損失を見込み、無配に転落する。半導体だけでなく、主力のITシステム事業の大幅減益も足を引っ張る。巨額投資を必要とし、業績変動幅も大きい半導体について「コア」との考え方を改め、距離を置く決断をしても不思議ではない。

一方、日立も09年3月期は7000億円もの最終赤字を見込む。「半導体を遠ざける決断をしてルネサスを作った」(日立製作所の川村隆会長兼社長)。すでにルネサスを持ち分法適用にとどめており、コアの位置づけから外している。三菱電機は09年3月期に最終黒字を確保する見通しで、比較的余裕はある。だがすでに堅実な事業に特化しており、半導体に拘泥する必然性はないだろう。

「子どもだから放り出すわけにはいかない」。日立の川村会長兼社長はルネサスについてこう表現しながらも、「半導体は国家として必要な技術。いろいろな会社が協力して日本としてやっていくのが最後の形」と語る。日立ではルネサスへの公的資金活用も視野に入れており、支援には手段を選ばぬ構えだ。

各社とも業績急悪化にあって、赤字を垂れ流す半導体再建に多額の資金をつぎ込む余裕はない。互いに及び腰の中、誰が生き残りのシナリオを描くのか。統合話が浮上してもなお、半導体再編の行方は五里霧中のままだ。

(麻田真衣、山田雄大 撮影:吉野純治 =週刊東洋経済)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。