米東部の記録的大雪、復旧の足取り重く

首都ワシントンの積雪は61センチに

 1月25日、記録的な大雪に見舞われた米東部の主要都市。完全復旧にまだ時間がかかりそうだ。ワシントンで撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン/ニューヨーク 25日 ロイター] - 週末に記録的な大雪に見舞われた米東部の主要都市では25日、復旧に向けた動きが始まっているが、完全復旧にはまだ時間がかかりそうだ。

積雪が61センチに達した首都ワシントンでは政府機関が休業、学校は休校となり、下院議会も来週まですべての投票見送りを決めた。メリーランド州でも政府機関が休業となった。

ワシントンのミュリエル・バウザー市長は除雪までに数日かかる見通しとした上で地域住民に対しできるだけ外出を控えるよう呼びかけた。市内の地下鉄は米東部時間午前11時(日本時間26日午前1時)以降、全駅で営業再開の予定。

68センチの大雪を記録したニューヨーク市では、ニューヨーク証券取引所(NYSE)で通常の取引が行われ、公立学校も通常通り。

こうしたなか、航空便の運航情報サイト「フライトアウェア(FlightAware)」によると、国内線約1392便が欠航。ニューアーク国際空港、ラガーディア空港、ワシントン・ダレス国際空港などで影響が大きいという。

*写真を差し替えて再送します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。