米国の保護主義化が世界の保護主義化をもたらす


 なお、バイ・アメリカン条項というのは初めて制定されたものではない。大恐慌当時に制定された「1933年バイ・アメリカン法(Buy American Act of 1933)」があり、この法律は今でも稼動しており、この法律に基づき各州においても同様のバイ・アメリカン法が制定されているのだ。今でもこれらの法律に基づき米国産品・州産品優遇を政府調達の基本方針としているのだ。すでに「バイ・アメリカン」はあるのである。

アメリカに追従する国が出る可能性

オバマ大統領とクリントン国務長官は、大統領(予備)選挙の中でも保護貿易主義的な発言をしていた。例えば、NAFTA(北米自由貿易協定)の見直しは両者とも主張している。米民主党は労働組合を支持基盤に持っており、アメリカの雇用を守るという観点から保護主義的な発言が行われている。

今回のバイ・アメリカン条項が、実際の影響は小さいとしても、これは、戦前の大恐慌の原因となった関税引き上げ法「スムート・ホーレイ法(1930年)」をイメージさせる。

大統領が選挙中に保護主義的な発言を行い、実際に法律が成立し、アメリカが保護主義的なメッセージを世界に発信したことは世界の通商に大きな影響を及ぼすと懸念される。実際にドイツやフランスなどは国内の自動車産業への支援策を公表し、アジア諸国も自国製品の購入促進策を発表している。

また、今後の成長が期待できるBRICSにおいても、ロシアは自動車だけでなく液晶・プラズマテレビの輸入関税引き上げを検討している。

インドは鉄鋼製品の関税を引き上げ(0%→10%)、鉄鋼製品や自動車など輸入ライセンス制度を導入した。中国は輸出増値税還付率引き上げるとともに食料品など輸入禁止品目を増やしている。
 
 そして、途上国においても、インドネシアは電気製品、衣類などの輸入業者登録を義務付け、これらの製品の輸入は指定された空港に限定した。タイは自動車などの一般関税を引き上げている。報道によるとベトナムは、繊維、靴、電子・コンピュータ部品などの輸出促進補助金を開始した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT