時事問題は「新聞の音読」で克服できる!

就活生のための「時事問題対策講座」<1>

こうしたことを毎日少しずつ継続していけば、自分の弱点があぶり出されてきます。別に試験ではありませんから、弱点があれば克服し、興味のある項目はさらに調べて得意分野にしてしまえばよいのです。

習慣づけるには、毎日必ず読む欄を決めておくのも一案です。一面のトップ記事、経済面のトップ記事、社会面のトップ記事、社説等、何でも構いません。また、朝日新聞には天声人語、日本経済新聞には春秋など、各紙には特徴のあるコラムが掲載されています。これを毎日音読する習慣をつければ、時事問題の実力が格段にアップしていくこと請け合いです。

音読の効果は就活だけに限られるわけではありせん。毎日習慣的に音読することは生活のリズムを作り出し、心身の安定につながります。しっかりと声を出すことにより、気分転換やストレスの発散にもなります。何よりも知識が定着し、時事問題がこわくなくなってきます。

音読がマンネリ化して疲れてきたら、新聞の「だ・である」調の文章の語尾を、テレビやラジオのニュースの「ですます」調に言い換えて読んでみるのも一興です。自分がニュース・アナウンサーになった気分に浸れて楽しいかもしれません。楽しみながら学ぶことが長続きの秘訣です。

「あがり症」の防止策にも

声に出して読むのが面倒くさい、苦手、恥ずかしい、ゆっくり音読するより斜め読みで速読するのが得意という就活生もいるかもしれません。ただ、面接ではどうしても自分の声で受け答え、発言をしなければなりません。

そのためのトレーニングと割り切って音読を始めてみるのも面接対策の近道かもしれません。トレーニングを続けることで、いざという時の「あがり症」も防ぐことができます。

面接対策ということであれば、少なくとも自分の声に自信を持って受け答えができるくらいにはしたいものです。自分の声が嫌いという人であっても、自分の声で発言するしかないからです。最初からアナウンサーのようにスラスラと読むことはできませんし、自分の声にも違和感があるかもしれません。でも、何回か繰り返すうちに自分の声に慣れてきます。

次ページ録音すれば面接対策にもなる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT