グーグル「ブック検索」和解が拡げる日本出版界への波紋


 約2500人の作家が加盟する日本文藝家協会では「無断複写そのものが複製権への違反」(三田誠広副理事長)として、加盟者にデータを削除するよう勧める。参加諾否の通告には、オンライン登録など煩雑な事務作業が必要。今回の通知に「一方的すぎる」と不満の声も上がっている。

今回の和解内容は09年の1月5日までに出版された書籍が対象。その後発売される書籍について、グーグルから指針は示されていない。

グーグルの図書館プロジェクトに、日本から唯一参加する慶応大学は「コスト負担なしに、世界標準のプラットフォームにデジタル化したコンテンツを載せる意義は大きい」(杉山伸也・図書館長)と好意的だ。

一方、著作権問題に詳しい福井健策弁護士は「出版社のビジネスは結局、権利ビジネス。今回の和解問題を契機に今後、グーグルと著者の窓口となって、著作権を守り活用する方策を講じるべき」と指摘する。

グーグルによるデジタル化の大波は、今後も日本の出版界を揺さぶりそうだ。


(麻田真衣、許斐健太 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT