プレイボーイ創刊者邸宅、235億円で売り出し

個人宅売却価格としては米国で過去最高水準

 1月11日、米男性誌プレイボーイの創刊者、ヒュー・ヘフナー氏がカリフォルニア州ロサンゼルスに所有する邸宅が、2億ドル(約235億円)で売りに出されていることが明らかに。写真は昨年8月撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[11日 ロイター] - 米男性誌プレイボーイの創刊者、ヒュー・ヘフナー氏がカリフォルニア州ロサンゼルスに所有する邸宅が、2億ドル(約235億円)で売りに出されている。プレイボーイ・エンタープライジズが明らかにした。個人宅の売却価格としては米国で過去最高水準となる。

この邸宅は「プレイボーイ・マンション」として知られ、面積は約1858平方メートルで29室。敷地にはこのほか、テニスコートやプール、華やかなパーティーが行われた洞窟などがある。さらに、動物園の認可も取得しているという。

「プレイボーイ・マンション」は1927年に建てられ、1971年にプレイボーイが購入。現在もヘフナー氏が居住している。

関係者は、売却の理由を明らかにしていない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT