プレイボーイ創刊者邸宅、235億円で売り出し

個人宅売却価格としては米国で過去最高水準

 1月11日、米男性誌プレイボーイの創刊者、ヒュー・ヘフナー氏がカリフォルニア州ロサンゼルスに所有する邸宅が、2億ドル(約235億円)で売りに出されていることが明らかに。写真は昨年8月撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[11日 ロイター] - 米男性誌プレイボーイの創刊者、ヒュー・ヘフナー氏がカリフォルニア州ロサンゼルスに所有する邸宅が、2億ドル(約235億円)で売りに出されている。プレイボーイ・エンタープライジズが明らかにした。個人宅の売却価格としては米国で過去最高水準となる。

この邸宅は「プレイボーイ・マンション」として知られ、面積は約1858平方メートルで29室。敷地にはこのほか、テニスコートやプール、華やかなパーティーが行われた洞窟などがある。さらに、動物園の認可も取得しているという。

「プレイボーイ・マンション」は1927年に建てられ、1971年にプレイボーイが購入。現在もヘフナー氏が居住している。

関係者は、売却の理由を明らかにしていない。

関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。